2010年3月30日火曜日

ヒトスジギンポ

撮影日時: 2010年2月9日16時8分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/9 1/250秒 露出補正+0.7 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

ちょこんと乗っかってる生き物シリーズです。 下くちびるが黄色です。

2010年3月29日月曜日

メガネゴンベ

撮影日時: 2010年2月9日16時4分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/9 1/250秒 露出補正0 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

サンゴの上にチョコンと乗っていて動かないので比較的撮りやすい被写体です。
メガネ模様が素敵です。

2010年3月28日日曜日

イナズマベラyg.

撮影日時: 2010年2月9日16時3分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/9 1/250秒 露出補正0 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

トカラベラに似ていますがこちらはイナズマベラの幼魚です。

2010年3月27日土曜日

クマノミ

撮影日時: 2010年2月9日15時42分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/13 1/160秒 露出補正-0.7 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

クマノミはたくさん見かけました。 クマノミ撮るときはイソギンチャクの雰囲気が大事だと思います。
写真のイソギンチャクはちょっと暗い色調でした。

2010年3月24日水曜日

カスリフサカサゴ

撮影日時: 2010年2月9日15時54分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/13 1/160秒 露出補正0 ISO560 色温度4760K Z240×2灯

八丈島のネタが尽きてきたので恩納村に戻ります。
サンゴの合間から見えたマクロ系の魚です。 今こうしてアップしてみるとジョーフィッシュのように見えます。

2010年3月23日火曜日

アカハタ

撮影日時: 2010年3月6日14時24分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/8 1/200秒 露出補正0 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

派手なお顔です。 眼が目立ちます。
少し角度を変えると

こんな感じです。 鼻の穴の赤がポイントです。

2010年3月22日月曜日

オヨギイソハゼ

撮影日時: 2010年3月6日14時43分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/16 1/125秒 露出補正-0.3 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

オヨギイソハゼはソメワケイソハゼと似ています。 写真はオヨギイソハゼでいいと思います。 白色のラインが眼を貫いて後ろに伸びています。

2010年3月21日日曜日

コールマンウミウシ

撮影日時: 2010年3月6日16時36分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/13 1/160秒 露出補正-0.3 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

3月の八丈島はドライスーツが壊れてしまい1日のダイビングで2本でした。 それでもずいぶんとネタが集まりました。 ホームグランドにして正解でした。

2010年3月20日土曜日

サラサエビ

撮影日時: 2010年3月6日16時49分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/16 1/125秒 露出補正-0.3 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

おなじみのサラサエビです。 ガンガゼに隠れていました。

2010年3月18日木曜日

オオメハゼ

撮影日時: 2010年3月6日16時54分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/10 1/160秒 露出補正-0.3 ISO400 色温度4760K Z240×2灯

オオメハゼに戻ります。 赤を出すにはホワイトバランスを4800Kとグラントスカルピンの佐藤さんに教えてもらいました。 それ以降ホワイトバランスはマニュアルで設定しています。 水中写真は何も工夫しないと赤が弱いので。

2010年3月16日火曜日

トカラベラyg.

撮影日時: 2010年3月6日14時57分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/8 1/200秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

配色は地味ですが1か所で動き回っているのでマクロ撮影のターゲットになりやすい被写体です。

2010年3月15日月曜日

イトヒキベラyg.

撮影日時: 2010年3月6日17時12分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/11 1/200秒 露出補正-0.7 ISO220 Z240×2灯

イトヒキベラはさらに細分化されています。 ネットでイトヒキベラの分類を調べるとそこにも世界が広がっていました。 

2010年3月14日日曜日

ベニハゼ

撮影日時: 2010年3月6日17時9分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/11 1/10秒 露出補正-0.7 ISO200 Z240×2灯

ベニハゼです。 顔の部分の彩色を失うとチゴベニハゼと認識されるようです。
シャッタースピードが1/10とゆっくりな設定です。

この被写体のシャッタースピードを速くしてISO感度を上げると
(f/11 1/125秒 露出補正-0.7 ISO400 Z240×2灯)
こんな感じになります。

2010年3月11日木曜日

ラッパウニ

撮影日時: 2010年3月6日16時39分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深10.3m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/16 1/80秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

危険生物系では常連のウニです。 ラッパのような形の毒のトゲで覆われています。 こいつに刺されると神経毒なのでこちらの生命が危機的になります。
この個体はラッパから白いモノを出して周りの構造物をタッチしていました。 

2010年3月10日水曜日

ハナビラウミウシ

撮影日時: 2010年3月6日15時06分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/6.3 1/250秒 露出補正-0.7 ISO400 Z240×2灯

とても小さなウミウシです。 1センチあったかどうかです。 それでいて意外に動き速いです。
形はカノコウロコウミウシに似ています。

2010年3月9日火曜日

カンムリベラyg.

撮影日時: 2010年3月6日14時52分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/16 1/125秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

カンムリベラの幼魚です。 活発に動き回っていました。 成魚になると青くなりおでこが膨らんでゴッツクなります。 写真の個体はせいぜい2センチくらいでした。

オオメハゼ

撮影日時: 2010年3月6日16時43分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/13 1/125秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

オキナワベニハゼにそっくりですが、オオメハゼは胸ビレ基部に明瞭な赤い斑点が2つあります。

2010年3月7日日曜日

オキナワベニハゼ

撮影日時: 2010年3月6日14時15分
撮影場所: 八丈島 底土 最大水深11.2m 水温20℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/7.1 1/200秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

ベントスで撮った写真がまだまだありますが昨日八丈島に行って先ほど帰宅したのでアップします。
帰りは風やガスなど天気が悪く飛行機が到着するか微妙でした。
底土の東海汽船待合所に待機しながら飛行機の到着をチェックしてました。
なんとか飛行機に乗れました。
写真はベニハゼの仲間です。 今回はベニハゼ系でかなり楽しめました。 この魚、実は逆さまをキープしています。

2010年3月5日金曜日

ユキヤマウミウシ

撮影日時: 2010年2月9日15時27分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 horse shoe 最大水深18.2m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/13 1/160秒 露出補正-0.7 ISO400 Z240×2灯

学名ではレティクリディア・フンギアです。 よーく見ると細かな紫色の点がわかります。
沖縄にいる雪山です。

2010年3月4日木曜日

ゾウゲイロウミウシ

撮影日時: 2010年2月9日14時09分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 コーラル 最大水深22.8m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/8 1/250秒 露出補正-2.0 ISO400 Z240×2灯

文字通り象牙イロしてます。 思いっきりマイナス補正かけてみました。

2010年3月3日水曜日

スズメダイの仲間

撮影日時: 2010年2月9日13時58分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 コーラル 最大水深22.8m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/9 1/200秒 露出補正0 ISO500 Z240×2灯

スズメダイの仲間です。 スズメダイの何か知っていたらコメントください。

2010年3月2日火曜日

ワモンクラベラ

撮影日時: 2010年2月9日13時55分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 コーラル 最大水深22.8m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/25 1/60秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ホヤの仲間です。 沖縄で潜ると結構な確率で見つけます。

2010年3月1日月曜日

ハマクマノミ

撮影日時: 2010年2月9日13時52分
撮影場所: 沖縄本島 恩納村 コーラル 最大水深22.8m 水温21℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/8 1/160秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

英名はTomato anemonefishです。 ピントと露出補正に課題を自覚してます。