2009年12月29日火曜日

ヒロウミウシ


撮影日時: 2009年12月11日14時00分
撮影場所: 志津川 最大水深8.5m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/10 1/200秒 露出補正-0.7 ISO800 Z240×2灯

小さなウミウシです。 ミノウシウシのようですがネコジタウミウシ科になります。

2009年12月26日土曜日

タケギンポ


撮影日時: 2009年12月11日13時42分
撮影場所: 志津川 最大水深8.5m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/13 1/200秒 露出補正+0.3 ISO800 Z240×2灯

長い魚です。 ウツボとかウナギの印象です。 眼が黄色くて素敵です。

2009年12月25日金曜日

ダンゴウオ


撮影日時: 2009年12月12日14時04分
撮影場所: 志津川 最大水深8.2m 水温13℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/14 1/160秒 露出補正+1 ISO800 色温度4760K Z240×2灯

赤だんごシャウトです。 
メリークリスマス&ハッピーニューイヤー
焼酎まわってます。

2009年12月23日水曜日

ダンゴウオ


撮影日時: 2009年12月12日13時45分
撮影場所: 志津川 最大水深8.2m 水温13℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/16 1/200秒 露出補正+0.7 ISO800 色温度4760K Z240×2灯

ピンク色のダンゴウオです。 初めての志津川では赤とピンクの2種類を見ることができました。 周囲がピンクだとピンクのダンゴウオがいるようです。 ダンゴウオ撮るにはまだまだ自分には演出が足りないようです。

2009年12月22日火曜日

ヨコエビの仲間


撮影日時: 2009年12月11日10時26分
撮影場所: 志津川 最大水深8.8m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/11 1/250秒 露出補正+0.7 ISO800 Z240×2灯

どこかで見たような気がします。 八丈島で平川くん命名のピカチューヨコエビです。 志津川では普通に見られるみたいです。 冷たい水がお好みのようです。 八丈島では冷水塊で見られました。

2009年12月21日月曜日

アライソコケギンポ


撮影日時: 2009年12月12日13時25分
撮影場所: 志津川 最大水深8.2m 水温13℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/16 1/125秒 露出補正+1 ISO800 色温度4760K Z240×2灯

如何に赤を写すかを少し教わりました。 ホワイトバランスは4800Kにしてハロゲン光にてフォーカスライトを作りシャッタースピードを2秒くらいまで遅くするとのことです。
首をかしげたくなるような条件ですがいつかそんな赤を撮りたいと思います。 写真のコケギンポは先ほどのアドバイスを意識してできるだけそれに近づけました。

2009年12月20日日曜日

オコゼカジカ


撮影日時: 2009年12月11日10時50分
撮影場所: 志津川 最大水深8.8m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/16 1/160秒 露出補正+0.3 ISO800 Z240×2灯

こちらも八丈島や沖縄では見かけない魚です。 顔をアップすると


こんな感じです。眼が美しい魚です。

2009年12月18日金曜日

ヒメフタスジカジカ


撮影日時: 2009年12月11日13時38分
撮影場所: 志津川 最大水深8.5m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/13 1/200秒 露出補正+0.3 ISO800 Z240×2灯

八丈島でよく見かけるイソカサゴに似ています。 眼が綺麗です。 志津川に行って思ったのは水中写真に特化した場所だということです。 沖縄や八丈島では一眼沈めると結構目立ちますが、志津川では普通でした。 私の愛器Nexus D300も並べられると小さく見えました。(周囲はF系が並んでました) 
 水温12℃透明度5メートルというのははっきり言って悪条件の海ですが持ち帰った写真はとても気に入っています。フォトジェニックな海なんだと思います。 また来年行きたいと思ってます。

2009年12月17日木曜日

カムチャッカモエビ


撮影日時: 2009年12月11日13時53分
撮影場所: 志津川 最大水深8.5m 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/13 1/200秒 露出補正+0.3 ISO800 Z240×2灯

緑色のエビです。 陸上でのショウリョウバッタに似ています。 名前にカムチャッカという文字が組み込まれているところが素敵です。 八丈島や沖縄では見られそうにありません。

2009年12月16日水曜日

シロザケ


撮影日時: 2009年12月12日11時12分
撮影場所: 志津川 水深10㎝ 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)
設定: 焦点距離24mm f/13 1/200秒 露出補正0 ISO800

シロザケのメスです。 水底を蹴って産卵床を作ろうとしています。 イクラが舞い上がっています。 これはたまたまその場にあった有精卵です。

2009年12月15日火曜日

シロザケ


撮影日時: 2009年12月12日10時54分
撮影場所: 志津川 水深10㎝ 水温12℃
器材: NIKON D300 AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(IF)
設定: 焦点距離12mm f/16 1/250秒 露出補正+1 ISO800

サケが遡上してくる川で撮影しました。 セブンイレブンの裏にあるちょっとした川です。 シロザケがたくさんいました。 ドライスーツにウエイト重くしてBCレギュなしのマスクスノーケルです。 水深が浅いのでシロザケに向き合うには首が疲れます。 45度ファインダーは必須でしょう。 卵を産みそうなメスにオスがモーションを掛けます。 時々私の足とかにシロザケがアタックしてくるのでびっくりしました。

2009年12月14日月曜日

ダンゴウオ


撮影日時: 2009年12月12日13時37分
撮影場所: 志津川 最大水深8.2m 水温13℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/16 1/250秒 露出補正+1 ISO800 Z240×2灯

連続してダンゴウオアップです。 水温13℃透明度5メートルですがダンゴウオに出会えるから志津川に通うダイバーがたくさんいるんだと思います。
ダンゴウオの下は吸盤になっているので安定しています。 泳ぐのは苦手なようです。

2009年12月13日日曜日

ダンゴウオ


撮影日時: 2009年12月12日14時04分
撮影場所: 志津川 最大水深8.2m 水温13℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/14 1/160秒 露出補正+1 ISO800 Z240×2灯

ただいま志津川より戻りました。 取り急ぎダンゴウオをアップします。 土産話たくさんあります。

2009年12月9日水曜日

キンチャクガニ


撮影日時: 2009年10月30日15時49分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/250秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

定番のキンチャクガニです。 先日アップしたものと同一の個体です。 いよいよ明日から宮城県志津川へ遠征です。 ダンゴウオを狙います。

2009年12月8日火曜日

オルトマンワラエビ


撮影日時: 2009年10月31日07時16分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深19.2m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/16 1/100秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

なかなか納得の写真の撮れないオルトマンです。 膝のところの明るい斑点がポイントになりそうです。 次回の課題です。

2009年12月5日土曜日

ケブカガニの仲間


撮影日時: 2009年10月30日15時59分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/250秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

このカニの種類も確かではありません。 カニの世界も奥が深いと思います。

2009年12月3日木曜日

ウミスズメ


撮影日時: 2009年10月31日16時52分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.1m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/250秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ハコフグの仲間です。 いつも見かけるのでダイバーはほとんど相手にしません。 粘液毒を持っているので外敵に襲われません。 ゆったりしています。

2009年12月2日水曜日

オイランヤドカリ


撮影日時: 2009年10月31日09時31分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深8.5m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/5.6 1/250秒 露出補正-0.7 ISO400 Z240×2灯

ヤドカリはマクロ派には撮りやすいの被写体です。 とりあえず見かけたらシャッター押してます。 家ではオカヤドカリを飼ってます。 八丈島の軍艦堤防で石物師から生きてるヤドカリもらって釣りしたこともあるし。 自分的には身近な存在です。

2009年12月1日火曜日

キンチャクガニ


撮影日時: 2009年10月30日15時47分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/160秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

キンチャクガニです。 手に持っているボンボンはカニハサミイソギンチャクです。 外敵が来るとボンボンを振りかざして威嚇します。

イットウダイ


撮影日時: 2009年10月30日16時11分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/160秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

だんだん八丈素材も少なくなってきました。 写真はイットウダイです。 美味しい魚らしいです。
ところで昨日ダイビング器材を宮城県志津川ってところに送りました。
冬の企画は「冬は冬らしく」です。

2009年11月29日日曜日

トカラベラyg.


撮影日時: 2009年10月30日15時42分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/160秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

この魚も同定が難しくてショップの平川くんに教えてもらいました。
「画像の魚ですが、トカラベラの幼魚だと思われます。南方系なので伊豆などに出るのはまれですが、八丈では夏以降結構見る種類です。」

2009年11月28日土曜日

マツカサウニ


撮影日時: 2009年10月30日16時13分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/160秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

地味な被写体ですがなんとなくトゲの間の空間に木の温かさを見た気がしました。 ガンガゼとは全く違います。

2009年11月27日金曜日

オニカサゴ


撮影日時: 2009年10月30日11時18分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深34.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/160秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ちょっとアップしすぎたかも知れません。 眼の下の青い斑点が魅力です。

2009年11月25日水曜日

トサヤッコ


撮影日時: 2009年10月31日14時17分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深23.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/200秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

この写真、アップするか迷いましたがしてしまいました。 ピント駄目駄目ですみません。 いつかリベンジさせていただきます。

2009年11月24日火曜日

ナミマツカサ


撮影日時: 2009年10月31日14時30分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深23.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/200秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ネットで調査したところアカマツカサは八丈島ではめったに見ないとのことです。 魚の同定って意外に難しいですが楽しいと思えます。

2009年11月23日月曜日

ハナゴイ


撮影日時: 2009年10月30日14時28分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深25.3m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/200秒 露出補正-0.3 ISO800 Z240×2灯

オレンジ色のキンギョハナダイに混じって紫色のハナゴイがいます。

2009年11月22日日曜日

クビアカハゼ


撮影日時: 2009年10月30日14時16分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深25.3m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/7.1 1/125秒 露出補正-0.3 ISO800 Z240×2灯

いつものえびとの共生ですが、エビがいるときに接近してもハゼは穴に入れないと教えられました。
接近・撮影・接近・撮影のタイミングをエビに合わせるってことを八丈ビューホテルの焼酎バー・スマイルにて知りました。

2009年11月21日土曜日

キンギョハナダイ


撮影日時: 2009年10月31日07時29分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深19.2m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/5.6 1/250秒 露出補正0 ISO1600 Z240×2灯

動き回る魚の眼に焦点を合わせるのはなかなか難しく、マニュアルフォーカスで置きピンのような感じで撮っています。 背景飛ばしましたがもう少し明るくできればと思います。

2009年11月20日金曜日

イソカサゴ


撮影日時: 2009年10月31日07時33分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深19.2m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/6.3 1/160秒 露出補正0 ISO1600 Z240×2灯

八丈島では普通に見られるイソカサゴです。 動かないのでつい撮ってしまいます。 眼が素朴です。

仕事で神戸に出張してきました。 仕事が終わってからダイビング師匠のKENに会ってきました。 当時のガイドの「ぬし」さんに電話したりいろいろ盛り上がりました。

2009年11月18日水曜日

サラサエビ


撮影日時: 2009年10月30日16時18分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/125秒 露出補正-0.3 ISO800 Z240×2灯

ガンガゼのトゲ林の奥にいました。 身体透き通っています。

2009年11月16日月曜日

ムカデミノウミウシ


撮影日時: 2009年10月31日09時11分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深8.5m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/10 1/125秒 露出補正-0.7 ISO3200 Z240×2灯

このウミウシを撮っていたらガイドはつまらなそうな感じでした。 名前がムカデだからでしょうか。 しかしなぜISO感度を3200にしていたのか自分でも記憶にありません。 D300の実力すごいです。

2009年11月15日日曜日

コウワンテグリ


撮影日時: 2009年10月31日16時45分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.1m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/100秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

オレンジ色の口をピョコピョコ出して何かを食べ続けています。 この魚の同定もメールでパッショーネに教えてもらいました。

2009年11月14日土曜日

キイロイボウミウシ


撮影日時: 2009年10月31日09時43分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深8.5m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/5 1/250秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

今回はウミウシをあまり見かけませんでした。 これから水温が下がると現れると思います。 キイロイボウミウシはバリエーションがいろいろあります。

2009年11月12日木曜日

ヨゴレヘビギンポlady


撮影日時: 2009年10月31日16時35分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.1m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/125秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

パッショーネの平川くんから魚の名前の修正が来ました。
「ヘビギンポ科には婚姻色以外に見分ける方法が少なく、あまり注目されていない種類ということもあり資料も少ないです。」

2009年11月10日火曜日

ウスアカイソギンチャク


撮影日時: 2009年10月30日11時09分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深34.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/160秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

マクロっぽい写真で自分的にはお気に入りですがそれほど受けません。

2009年11月9日月曜日

アカハタ


撮影日時: 2009年10月30日16時03分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深9.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/8 1/250秒 露出補正0 ISO800 Z240×2灯

クールな感じがするハタです。 ナズマドはとにかくいろんな生物がいるようです。 まだまだ通います。

2009年11月8日日曜日

コガネスズメダイyg.


撮影日時: 2009年10月30日14時21分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深25.3m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/5.6 1/250秒 露出補正-0.3 ISO800 Z240×2灯

身体に比べて眼が大きいです。 幼魚らしい顔です。 ちょこまか動くのでオートフォーカスは追いつきません。 露出もフォーカスもすべてマニュアルです。

2009年11月7日土曜日

カノコダカラガイ


撮影日時: 2009年10月31日09時19分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深8.5m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/10 1/125秒 露出補正0 ISO1600 Z240×2灯

外套膜をべローンと伸ばして貝殻全体を覆います。 眼がやんちゃです。 結構なスピードで進むのですばやく設定です。

2009年11月6日金曜日

カンムリベラyg.


撮影日時: 2009年10月31日14時10分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深23.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/200秒 露出補正-0.3 ISO400 Z240×2灯

派手なのでとりあえず撮りました。 時々見かけます。 成長するに従いゴツクなっていきます。

2009年11月5日木曜日

ベニホンヤドカリ


撮影日時: 2009年10月31日14時37分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深23.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/200秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

緑色の眼が素敵です。 ヤドカリはマクロ派には動きがゆっくりなのでいい被写体です。 ダイビングしていると巻貝の殻がところどころに落ちていることに気がつきます。 それらを手にとって見ると半数以上が巻貝ではなくてヤドカリであることに気がつきます。 実はヤドカリは海の中で主流派なのかも知れません。

2009年11月4日水曜日

シャープアイピグミーゴビー


撮影日時: 2009年10月30日14時22分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深25.3m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/5.6 1/250秒 露出補正-0.3 ISO800 Z240×2灯

すぐにどこかにすっ飛んで行ってしまいました。 3枚しか撮れませんでした。 眼が美しい被写体です。

2009年11月3日火曜日

カンパチ (photo by KEN)


撮影日時: 2009年10月31日
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深23.4m 水温24℃
器材: NIKON D700 Ai AF Fisheye Nikkor 16mm F2.8D
設定: f/5.6 1/200秒 露出補正-1.0 ISO400 Z240×2

今回一緒に潜ったダイビング師匠撮影のワイド写真です。 2007年11月3日に私がD40デビューした時に出会いました。 今回のツアーは弟子入り二周年記念でした。 
これからもよろしくお願いします。 
やはりダイナミックでいい写真撮りますねー。 太陽の位置が絶妙です。

2009年11月2日月曜日

ミアミラウミウシ


撮影日時: 2009年10月30日11時08分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深34.4m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/160秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ナズマドでディープSP講習中の写真です。 自分的には満足の被写体ですが伊豆半島では珍しくないらしいです。

2009年11月1日日曜日

フリソデエビ

撮影日時: 2009年10月31日07時50分
撮影場所: 八丈島 ナズマド 最大水深19.2m 水温24℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8g(IF)
設定: f/14 1/80秒 露出補正-0.7 ISO1600 Z240×2灯

先ほど八丈島から帰ってきました。 二日間でナズマド7本でした。 フリソデにも出会えたので最高の八丈ツアーでした。 たぶん今年のラスト八丈です。 来年もホームグランドです。 このフリソデエビはエントリー口すぐ近くですから水深6mくらいにいます。

2009年10月27日火曜日

ヤイトサラサエビ

撮影日時: 2009年9月26日14時14分
撮影場所: 座間味島 コアシス 水深17.6m 水温28℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/4.5 1/250秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

サラサエビによく似ています。 沖縄にはこのヤイトサラサエビが多いみたいです。 眼がモザイク様です。

2009年10月26日月曜日

ハリセンボン

撮影日時: 2009年9月26日20時13分
撮影場所: 座間味島 古座間味ビーチ 水深5.7m 水温29℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/250秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

ナイトで出会ったハリセンボンです。 機嫌は良さそうです。

2009年10月25日日曜日

カンザシヤドカリ

撮影日時: 2009年9月26日20時01分
撮影場所: 座間味島 古座間味ビーチ 水深5.7m 水温29℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/5.6 1/125秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

座間味ではじめてナイトダイビングしました。 古座間味ビーチは水深が安全停止レベルなので安心です。 写真はカンザシヤドカリです。 こいつは定住型です。

2009年10月24日土曜日

クロメガネスズメダイyg.

撮影日時: 2009年9月26日11時43分
撮影場所: 座間味島 ギナ(サンゴ) 水深14.9m 水温29℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/7.1 1/250秒 露出補正0 ISO400 Z240×2灯

メガネスズメダイyg.とは尾鰭の部分が微妙に違います。 背中のオレンジが美しい魚です。

2009年10月22日木曜日

カエルアマダイ

撮影日時: 2009年9月26日09時25分
撮影場所: 座間味島 アダン前 水深15.2m 水温29℃
器材: NIKON D300 AF-S VR Micro Nikkor ED 105mm F2.8G(IF)
設定: f/6.3 1/250秒 露出補正0 ISO200 Z240×2灯

思いっきり近づいて撮りました。 ノーカットです。